箱根吟遊  = Room =

私は空タイプ(2階)の和室、エレベーターのすぐ右横にある『紫雲』に泊まりました。
空タイプの和室は寝室とダイニングルームが横並び、縦並び(寝室とテラスの間にダイニングルーム)の部屋があります。
あえてリクエストはしなかったけれど、希望していた横並びの部屋でラッキーでした。
c0102085_1423526.jpg
客室名は銅板に記されています。よく見たらライトのシェードに吟遊マークがありますね~。
入り口はドアではなくて引き戸。鍵がかなり下のほうに付いていたので鍵の開閉がしづらかったです・・・。
c0102085_146691.jpg
『紫雲』の間取り、室内が畳とフローリングに分かれていることがわかりやすい1枚を。
寝室は上部分が障子、下部分が襖になった引き戸でダイニングルーム、広縁と完全に仕切ることができます。
寝室の右端に写っている▲クッションがゴロゴロするのに重宝しました。(笑)
夕食中に布団を敷いてくれるのですが、襖を閉めてゲストから見えないようにしてくれるので気遣いは必要なし!

c0102085_1424926.jpg
c0102085_14322.jpg
座布団には1度も座らず・・・。座布団がやけにペチャンコに見えるのは気のせいでしょうか・・・
電話の横にあるのは文箱です。が、中にあったボールペンはずっと使っていなかったのかインクが出ませんでした・・・。

c0102085_1435353.jpg
寝室の一角にはクローゼット(セーフティボックス完備)があり、下の引き出しには作務衣、浴衣、足袋が入っていました。
ライトの下にあるのは姿見。その横にあるのは加湿器です。暖房を入れっぱなしにしていると乾燥するので加湿器があると助かりますよね~。

c0102085_1431618.jpg
寝室の天井からぶら下がったライトは蛍光灯や電球が剥き出しになっていないところがよかったです。

c0102085_1433661.jpg
布団を敷いた後の寝室はこんな感じ。敷布団がペチャンコ、掛け布団がふっかふかじゃないのは残念でした。

c0102085_1442775.jpg
和室からダイニングルームを。壁の絵がバリ絵画や布だったらもっと素敵なのになー。

c0102085_14566.jpg
c0102085_1443939.jpg
ダイニングテーブルは掘り炬燵のようになっています。食事中に正座をしなくていいのは◎。
和室、ダイニングルームのどちらにもテレビがあるところ、DVDプレーヤーがあるところも◎。
でも、せっかく置いてあった箱根吟遊のオーナー(?)がプロデュースしたオリジナルCDが聴けなかったのは残念。
なぜか早送りでは聴けたんですけどねぇ。(笑)

c0102085_1445172.jpg
食事はスイッチ横の襖から運ばれるので食事中は寝室を閉めきっていても大丈夫なんですね~。
こういうふうに寝る場所と食事場所が分かれていたら部屋出しの食事もいいかなぁ。

c0102085_1452113.jpg
ね?この牡丹(?)の絵はなんだかミスマッチな感じがしますでしょう?

c0102085_1453677.jpg
テーブルの上のアタのトレイに3種類のお菓子(左上のは梅干しですが)が用意されていました。(売店で購入可)
この梅干しが美味しかった~。でも、1個190円とけっこういい値段なので購入には至らず・・・。

c0102085_1455643.jpg
ダイニングルームの一角には椅子とテーブルがありました。
室内のすべてのテーブルに灰皿が置いてあるのは喫煙者にとってはありがたいでしょうけど、非喫煙者にとってはどうなんでしょう?禁煙ルームがあるのかしらね。

c0102085_145463.jpg
大きな窓ガラスの先はオープンテラスになっています。このテラスにもバリの草履が置いてありましたよ~。
[PR]
by crystalclooney | 2009-01-22 00:01 | *箱根吟遊


<< 箱根吟遊  = Public ... 箱根吟遊  = Private... >>