カテゴリ:*正平荘( 4 )

正平荘  = Public Area =

2011年3月に宿泊しました。
c0102085_12143385.jpg
c0102085_1214444.jpg
和モダン好きな私が珍しく純和風なこの旅館を選んだ理由は、チェックアウト時間が13時だったから。
というわけで、正平荘が京風料亭旅館だということは、この看板を見て初めて知りました。(笑)

c0102085_12145775.jpg
ロビーから新館へ行く途中にある、かなり年季が入った椅子。そろそろ新調するなり、塗り直したほうがいいような・・・。

c0102085_1215883.jpg
c0102085_12151825.jpg
椅子が置かれたオープンスペースから建物に囲まれた中庭が眺められます。

c0102085_12153571.jpg
オープンスペースの先にあったこの椅子はコロンとした形がかわいくてお洒落なのに・・・。

c0102085_12154461.jpg
3月だったので、すまし顔のお内裏様とお雛様が廊下の壁に飾ってありました。(笑)

c0102085_12155620.jpg
この廊下を過ぎて・・・

c0102085_1216662.jpg
c0102085_12161618.jpg
階段を上がると、私が泊まった部屋があります。(部屋については別ページで)

c0102085_12163799.jpg
c0102085_12164615.jpg
部屋のバルコニーから中庭を。葉っぱがわさわさの時期だったら庭の眺めももっといいでしょうね。

c0102085_1217912.jpg
c0102085_12165818.jpg
大浴場の前から中庭を。ちなみに、私が泊まった部屋は向かって2階の左側。(部屋については別ページで)

c0102085_12171999.jpg
大浴場の前には紅梅が綺麗に咲いていました。

c0102085_1218039.jpg
大浴場の先にある、この建物は離れかな?
[PR]
by crystalclooney | 2011-03-27 00:03 | *正平荘

正平荘  = Lobby Lounge & Dining Room =

宿に到着するとまずロビー・ラウンジ(ギャラリー?)に案内され、コーヒーとお菓子をいただきながらチェックインしました。
c0102085_1212281.jpg
c0102085_12121534.jpg
c0102085_12122394.jpg
それにしても派手な柄の椅子ですこと・・・。せっかく洒落た形の椅子だから無地やもっと地味な柄にすればいいのに。

c0102085_12123488.jpg
3月らしく、そして伊豆らしく、ラウンジの一角に吊るし雛が飾ってありました。

c0102085_12124311.jpg
ラウンジにはセルフサービスのコーヒーが用意されています。(チェックイン時のコーヒーは仲居さんが淹れてくれます)

c0102085_1212506.jpg
チェックイン時に身体に合った浴衣をここで選びます。(選んだ浴衣は仲居さんが部屋まで持っていってくれます)


c0102085_1213120.jpg
食事は夕食、朝食共こちらの料亭でいただきます。料亭の名前はあまりにも達筆すぎて私には読めません。(笑)
参考までに、2011年3月にいただいた食事はこちらこちら

c0102085_12131049.jpg
料亭はロールスクリーン(?)で仕切られているので、他の客の目を気にせずにゆっくり食事を楽しめます。

c0102085_12131870.jpg
畳敷きの部屋だけど椅子に座って食事できるのがありがたい。座布団に正座は足が痺れるものねぇ。(笑)

c0102085_121327100.jpg
料亭の一番奥にはステージがありました。今は個室になっているけれど、以前は大広間の宴会場だったのかな?
[PR]
by crystalclooney | 2011-03-27 00:02 | *正平荘

正平荘  = Public Bath =

24時間利用可能な大浴場は時間による男女入れ替え制になっています。
c0102085_12022100.jpg
まずは「不二紅梅の湯」と名付けられた大浴場を。

c0102085_1262547.jpg
自分が履いてきたスリッパがわかるように番号が書かれたクリップと札が用意されています。

c0102085_1203630.jpg
脱衣所にも貴重品ロッカーがあるので、うっかり時計やアクセサリーをしたまま大浴場へ行ってしまっても安心、安心。

c0102085_1211854.jpg
c0102085_1243042.jpg
c0102085_121483.jpg
c0102085_122079.jpg
檜の内風呂は大きめで、湯加減もちょうどよくて気持ちよく入浴できました。

c0102085_1204488.jpg
仕切りがない洗い場なので、シャワーを使う時に隣に人がいたらちょっと気を遣うかも。

c0102085_1255348.jpg
c0102085_126429.jpg
「出湯」と名付けられた露天風呂は長方形。

c0102085_1264458.jpg
続いて「不二白梅の湯」と名付けられた大浴場を。入り口の大きさの違いを見てもわかるように・・・

c0102085_1265798.jpg
c0102085_127791.jpg
c0102085_1271632.jpg
「不二白梅の湯」は「不二紅梅の湯」より全体的に狭くて、檜の内風呂も小さめです。

c0102085_1273086.jpg
c0102085_1274339.jpg
c0102085_1275427.jpg
でも、露天風呂は「不二白梅の湯」のほうが私は好き。きっちりした長方形より岩風呂のほうが風情があるもんね。

c0102085_1281045.jpg
c0102085_128323.jpg
本館から大浴場へ続く渡り廊下の途中に牛乳とコーヒー牛乳が用意されています。もちろんお風呂上りに飲みましたとも。(笑)

c0102085_1284221.jpg
でも、翌朝に大浴場へ行った時にはなかったから牛乳とコーヒー牛乳が用意されるのは夕方だけかも。
[PR]
by crystalclooney | 2011-03-27 00:01 | *正平荘

正平荘  = Room #202 =

私が泊まった部屋は、SHOHEIフロアのジャパニーズ・スイート(和室12.5帖+洋間+セミダブルベッドルーム)です。
c0102085_1128361.jpg
部屋番号は202、部屋名は・・・やっぱり達筆すぎて読めません。(笑)

c0102085_1128183.jpg
玄関を入ってすぐのところにある無駄に広い板の間。ちらっと見えているのは冷蔵庫と流し台。

c0102085_1130529.jpg
オリジナルキーホルダーが付いた部屋の鍵。鍵は1つしか渡されないので、お風呂へ行く時に不便でした・・・。

c0102085_11285932.jpg
2人で泊まるには十分すぎるほど広々とした和室。左の襖は押入れ、右の襖はクローゼットです。

c0102085_11341244.jpg
クローゼットにはたっぷりのハンガーと浴衣、館内着の作務衣、足袋ックス、写っていないけれどセーフティボックスもあります。

c0102085_1129849.jpg
座布団がこれでもかというくらいふっかふかだったので、和室では座布団を枕にして寝転がっていました。。(笑)

c0102085_11284199.jpg
c0102085_11292348.jpg
和室の奥に絨毯敷きの洋間があります。

c0102085_11345823.jpg
c0102085_11293449.jpg
床の間には電話、目覚まし時計、ティッシュ、それからラジオ&CDプレーヤーがあります。

c0102085_11352138.jpg
c0102085_1135334.jpg
ロビー・ラウンジにあったものと同じ椅子とテーブル。形はレトロちっくで好きだけど、やっぱり柄がねぇ・・・。
レース編みのテーブルランナーもなんだか「昭和のかほり」がするわ。(笑)

c0102085_1135417.jpg
c0102085_11354979.jpg
洋間にはベッドもあります。ただし、ベッドのサイズはセミダブル。セミダブルって中途半端なのよねぇ・・・。

c0102085_11362027.jpg
月見台が置かれたバルコニーも無駄に広いです。羽根つきやバドミントンができそう。(笑)

c0102085_1136319.jpg
洗面台は大きめで使いやすく、ドライヤー、拡大鏡、定番バス・アメニティの他に基礎化粧品も完備されていました。

c0102085_11364324.jpg
歯ブラシ、髭剃りなどはボックスの中。よく見たら敷物とコースターは何気にアタだったのね。

c0102085_11365360.jpg
ロクシタンのシャンプー&コンディショナー、シャワージェル、ボディローション、石鹸はもちろん持ち帰り。(笑)

c0102085_1137466.jpg
写真を撮っただけの浴室。浴室にもポンプ式のシャンプー&コンディショナー、ボディソープがあるのにロクシタンも用意してくれるとは気前がいい宿ですね~。

c0102085_11371485.jpg
トイレも広々。トイレにもちゃんと手洗いがあるところが便利でした。
[PR]
by crystalclooney | 2011-03-27 00:00 | *正平荘