カテゴリ:*山水閣 別邸 回( 4 )

山水閣 別邸 回  = Public Area =

c0102085_15231770.jpg
宿に到着するとまずラウンジ206に案内され、そこでお茶と↑の白玉をいただきました。

c0102085_15252399.jpg
ラウンジはこんな感じ。夜はここでしっぽりするのもいいですね~。
あいにく翌日の貸切パーティーのための準備で早じまいしてしまったので利用できませんでしたが・・・。

c0102085_1526339.jpg
外はウッドデッキになってます。
この日は台風の影響で大雨でしたわ・・・。

c0102085_15292599.jpg
c0102085_15304382.jpg
玄関を入ったところにはフローティング・キャンドルが。お洒落ですね~。
等間隔で置いてあったらもっとよかったのに。(笑)

c0102085_1532748.jpg
c0102085_15333387.jpg
廊下はこんな感じ。控えめな照明がムーディーでしたわ。

c0102085_15365282.jpg
『回』(ラウンジ)の外観です。
c0102085_15351155.jpg
本館へはこちらを通って。
[PR]
by crystalclooney | 2007-10-26 00:03 | *山水閣 別邸 回

山水閣 別邸 回  = Room Part 1 =

宿泊した部屋は『其の弐』です。まずは主室(居間)から・・・
c0102085_14161287.jpg
部屋番号の上には部屋に使われている材質が。
『其の弐』は壁に茶色のタイル(だったかな・・・、汗)が使われていました。

では部屋の中へどうぞ~。
c0102085_1441165.jpg
玄関スペースは白木の床に石の壁です。
ちなみにこの襖は押入れで部屋は右手にある障子戸の奥です。

c0102085_1442955.jpg
玄関側から主室を・・・
c0102085_14443878.jpg
畳の部分だけでも8畳あり、ゆったりした主室です。
ただ、この座椅子が寄りかかると座布団が滑ってしまって座りにくかったのが難点でしたわ・・・。

こちらは反対方向から写した1枚です。
c0102085_14473218.jpg
ね、座卓と座椅子が映りこんでわかりにくいけど壁にタイルが使われてますでしょ?

c0102085_145154100.jpg
障子戸を引き上げるとテレビとDVDプレーヤーがあります。
DVDは部屋にリストが置いてあるので貸してもらえますが、枚数が少ないので観たいDVDを持参したほうがいいかもしれませんねぇ。

c0102085_14525894.jpg
主室を窓側から・・・ やけに戸が多いと思いません?

c0102085_1454161.jpg
中央だけ出入りする引き戸で他は冷蔵庫+お茶セット、クローゼットの戸だったんですね~。
冷蔵庫やテレビを隠せるので余計に広く感じる主室でした。

では、戸の中を見てみましょう。
c0102085_1455398.jpg
c0102085_1456348.jpg
冷蔵庫に用意されてるこちらのドリンク(ミニ缶ビール3本含む)は無料でいただけます。
喉が渇いた時に冷たい飲み物が追加料金なしですぐに飲めるのはうれしいですね。

c0102085_1457868.jpg
もちろん日本茶、コーヒーも用意されてますよ。

c0102085_14504429.jpg
畳から一段下がった床部分には椅子が二脚置かれています。

c0102085_14585371.jpg
障子戸を開けると椅子に座って庭が眺められるようになってます。
といっても見える景色はこれだけですが・・・。
この木は紅葉するのかな?だったら紅葉シーズンは綺麗でしょうね~。
[PR]
by crystalclooney | 2007-10-26 00:02 | *山水閣 別邸 回

山水閣 別邸 回  = Room Part 2 =

主室に続きまして寝室とバスルームを・・・
c0102085_152446.jpg
寝室で何気に気に入ったのがガラス天板のこのデスクと皮製のこの椅子。
置き場所がないけどウチにも欲しい・・・(笑)

c0102085_153119.jpg
主室だけじゃなく寝室にもクローゼットがありました。
これだけで十分こと足りると思うんだけど、なぜ主室にもある?
寝室には全身鏡もありました。

c0102085_154285.jpg
クローゼットには大きめの引き出しが4つ。
下二段には浴衣と寝巻き、丹前と足袋ックスが入っています。
上段右側の引き出しは鍵付きなので貴重品はこちらへ~。
本館のお風呂へ行かれる場合はこちらの籠をお使いくださいませ。

c0102085_155571.jpg
クローゼット側から写した1枚です。
寝室には窓がなく、ご覧のように上部にちょっとした明り取りがあるだけなので灯りを点けなければかなり暗いです。
夕食の時間まで昼寝をするにはもってこいの寝室ですわ。(笑)

c0102085_156883.jpg
ベッドはこんな感じ。しっかり熟睡できました。

c0102085_157524.jpg
ベッドサイドのライトのシェードは銅板です。
ちなみに黒いポッチが照明のスイッチです。

ここからはバスルームです。
c0102085_1585076.jpg
バスルームにはバスローブが用意されています。
バスローブがかかっているのはヒーターです。使い終わったタオルを乾かすこともできました。
シンクの両サイドにたっぷりタオルが用意されていたけど1枚しか使わなかったもので・・・

c0102085_15101775.jpg
バスルームで気に入ったのがこの大きな木製シンクです。
木のシンクってところがおもしろい!

c0102085_15112647.jpg
蛇口の角度は水が跳ねないようにバッチリです。

c0102085_15124267.jpg
アメニティグッズは引き出しに収納されています。
歯ブラシとブラシ以外はどれが何だかわからなくて全部開けたら横にちゃんと書いてありました・・・。

c0102085_15141391.jpg
浴室に入るとまず洗い場があります。

c0102085_15152775.jpg
c0102085_15163763.jpg
そしてその奥に源泉掛け流しの檜風呂があります。
塀に囲まれているので眺めは庭が見える程度ですが湯船が大きいのでゆったりと入浴できました。

おまけで部屋の鍵の写真です。
c0102085_15175338.jpg
c0102085_1519784.jpg
宿オリジナルのキーホルダーは磁石でくっついているので1つとして使うこともできるし、分けて2つとして使うこともできるので同行者と別行動する時には便利でした。
[PR]
by crystalclooney | 2007-10-26 00:01 | *山水閣 別邸 回

山水閣 別邸 回  = 本館 =

本館はモダンな感じの『回』とうって変わってレトロな雰囲気が漂っていました。
c0102085_1431243.jpg
『回』からは表玄関からではなく裏口から本館へ入ります。
入ってすぐのところにはちょっとしたソファセットがありました。

c0102085_13553814.jpg
c0102085_1356116.jpg
c0102085_144459.jpg
c0102085_1455083.jpg
本館のロビーはこんな感じです。

c0102085_147590.jpg
c0102085_1356344.jpg
置いてある品数は少なかったけれど売店もあります。
それにしてもこの階段、お年寄りや小さな子供にはちょっと急角度じゃないかしら。

c0102085_1474574.jpg
公衆電話がクラシックですこと。
お金を入れられるってことは使用可能なのかしらねぇ。

c0102085_1483866.jpg
ロビーには蓄音機もありました。レコードを見たのなんて何年ぶりだろう・・・

c0102085_13595199.jpg
c0102085_135796.jpg
本館のロビー横にあるラウンジではコーヒー、冷たいお茶、自家製のゆず酒が無料でいただけます。
ただし、20時までだったので早めに行かれたほうがよろしいかと。

c0102085_1402114.jpg
c0102085_1405290.jpg
c0102085_1423980.jpg
ラウンジ内はこんな感じ。
夕食前に本館の大浴場へ入ったので風呂上りはここで雑誌を見ながら夕食の時間までゆっくりしてました。

c0102085_1415914.jpg
もちろん、ゆず酒をいただきながらね!
このゆず酒は甘くてジュースみたいだったのでお酒が飲めない人でも大丈夫かも。

c0102085_14101126.jpg
大浴場の入り口に飾ってありました。

c0102085_1411881.jpg
他に入浴している人がいたので大浴場の写真はありません。これだけでご容赦を。
それほど大きくなくて内湯だけなので別にわざわざ入らなくてもどうってことないとだけ言っておきますわ。

c0102085_14114485.jpg
暗くてすみません・・・。それも2つある貸切風呂の1つだけで。
でも貸切風呂は湯船が2つあって洗い場もあるので貸切風呂には入るべし!
ただ、予約制ではなく空いていれば自由に入れるので競争率が高いようです。
もう1つの貸切風呂はずっと入浴中の札がかかっていて結局入れませんでした・・・。
[PR]
by crystalclooney | 2007-10-26 00:00 | *山水閣 別邸 回