カテゴリ:*箱根吟遊( 5 )

箱根吟遊  = Public Area Part 1 =

2009年1月に宿泊しました。
c0102085_2263923.jpg
宿の看板は味のある文字ですね~。国道1号線沿いにあるこちらの看板は箱根湯元方面から行くと見やすいのですが、宮ノ下駅方面から行くと見づらいので見逃さないようにご注意を!

c0102085_226521.jpg
玄関の三和土には大きな生け花が。近寄ってマジマジと見ていないので何とも言えませんが、時期的に梅かな??
ちなみに、館内は畳敷きになっているので靴はこちらで脱ぎます。

c0102085_2281272.jpg
レセプションです。代表者だけがこちらに案内されました。
代表者の私がチェックイン用紙を記入している間、同行者が何をしていたかと言いますと・・・

c0102085_227984.jpg
箱根吟遊といったら「ここでしょ~!」なこの椅子でまったりしていました。(笑)
ちなみに、玄関、レセプション、ロビー、ラウンジ、売店、湯処があるフロアが最上階の5階となります。

c0102085_2271859.jpg
もうちょっと近づいてみましょうか。
この日はあいにくの雨模様だったけれど、目の前の山に霧が立ちこめた風景はなかなか幻想的でしたよ~。

c0102085_2301614.jpg
椅子の前に置かれたテーブル(素材は不明・・・。)が素敵。穴から葉っぱを出すとは憎い演出ですね~。

c0102085_2274653.jpg
c0102085_2284170.jpg
夜の雰囲気もまた素敵。畳がなかったらまるで南国のリゾートホテルのようです。

c0102085_2285461.jpg
ロビーにはこれまた南国チックな藤製のソファも置いてあります。
が、チェックアウトの時はソファがすべて埋まってしまっていたので1度も座る機会はなく・・・。

c0102085_229314.jpg
ライトを兼ねたテーブルも素敵ですね~。

c0102085_2291291.jpg
c0102085_2292089.jpg
ナチュラルカラーを基調としたロビーの中で横×縦の市松模様のような黒い壁が際立っていました。

c0102085_2293730.jpg
オープンテラスにも椅子が置いてあります。寒いし、目の前が真っ白けだったので座りませんでしたけど・・・。

c0102085_2374867.jpg
この木彫りの椅子はMADE IN BALIかな? この椅子の横にある自動ドアを入ると・・・

ラウンジ『吟遊詩人』があります。ウェルカム・ドリンクはこのラウンジでいただきました。
c0102085_238831.jpg
ラウンジの奥にあるのは売店『吟の蔵』です。
売店では箱根土産の他に石鹸、ボディ・スクラブ、化粧品、小物や作務衣といった吟遊オリジナル商品、また、バリ雑貨も購入できます。

c0102085_2381723.jpg
テーブルの中央にある植物はゲストのための配慮でしょうか?
おかげで他のゲストと向かい合って座っていても他人の目が気になりませんでした。

c0102085_2382990.jpg
バリっぽいラウンジだけれど、やっぱりここも畳敷き。
窓の向こうのテラスにある椅子には座ってみたけれど、寒くてすぐに退散しました・・・。(笑)

c0102085_2383866.jpg
ラウンジの奥には展望バーカウンター『忘憂』があります。チェックアウト後は電車の時間までここで時間を潰しました。

c0102085_2392936.jpg
廊下からラウンジを。ここも市松模様になっていました。

= Public Area Part 2 =
= Public Bath =
= Room =
= Private Outdoor Bath etc =
[PR]
by crystalclooney | 2009-01-22 00:04 | *箱根吟遊

箱根吟遊  = Public Area Part 2 =

c0102085_2222215.jpg
これは売店の前。(1ページ前のラウンジの写真にもチラっと写っています)
このようなバリらしい装飾が館内のいたるところに施されていました。
この案内書きを見てもらえばわかるように(ちょっと読みづらいけど・・・)、右に進むと湯処『月代』と『月音』があります。

c0102085_2223729.jpg
こちらは傾斜のある廊下を湯処のほうへ進んだ突き当たりにあります。この右側にトイレがありました。

c0102085_222517.jpg
c0102085_2225995.jpg
トイレの手洗いは左右に2つ。トイレに椅子は不要だと思うのですが・・・。2枚目の写真の椅子はシートが破れているし。

c0102085_223399.jpg
こちらの石像は上から2枚目の写真の場所を左に折れたところにありました。

c0102085_2232443.jpg
2階の客室前の廊下です。ライトはフロアによって違うものが置かれていました。

c0102085_2231573.jpg
2階(2階の客室は空タイプ)のエレベーターを降りた左側にもこんなスペースがありました。
ちなみに、この椅子の左側には階段があります。

c0102085_2241437.jpg
2階には椅子が置いてありましたが、1階の同じ場所にはこんな猿の石像がありました。
この石像の顔が死んだおじいちゃんにソックリで・・・。一緒に泊まった姉と「かずお」と呼んでましたわ。(笑)

c0102085_2242415.jpg
「かずお」(笑)の左側から外に出られます。ここから先はバリ風お宿らしく、木で出来たバリの草履を履きます。
普通の下駄じゃないところがいいですね~。草履は男性用、女性用、子供用まで揃っていましたよ。

c0102085_2243551.jpg
そしてバリの草履を履いて外に出ると正面に池に浮かんでいるかのようなガーデン・ラウンジ『明星』があります。
ラウンジ内はフローリングですが、草履を脱いで入ってくださいね~。
ガーデン・ラウンジ『明星』では16時から18時まで一口ビール or ジュースの無料ドリンクサービスがあるのでお風呂上がりにぜひどうぞ~!

c0102085_2244424.jpg
『明星』にはオープンシートもあります。冬は屋外でビールはちょっと寒いですけどね。

『明星』の先にある小路を進むと離れ湯処『松風』があります。
c0102085_2245452.jpg
c0102085_225433.jpg
この小路を夜に撮影したのは理由がありまして。『松風』は22時から女性用になるのです。
[PR]
by crystalclooney | 2009-01-22 00:03 | *箱根吟遊

箱根吟遊  = Public Bath =

箱根吟遊には湯処『月代』と『月音』、離れ湯処『松風』の3つのお風呂ががあり、男女時間入れ替え制となっているのですべてのお風呂が楽しめます。
14時~22時は『月代』と『松風』が男性用、『月音』が女性用。
22時以降は『月代』と『松風』が女性用、『月音』が男性用になります。
チェックイン日の明るいうちに利用できる女性用のお風呂が1つしかないことと、やはり夕食前に入浴する方が多いらしく『月音』はいつ行っても他の方がいたので撮影できませんでした。
翌日の朝も朝食前の『月代』は他の方がいたので撮影できず・・・。早起きしなさいってことですね。(笑)
c0102085_217434.jpg
手前が『月音』で奥が『月代』です。暖簾の色で男女どちらのお風呂かわかるようになっているので間違えないように。

ここからは『月代』です。0時近くなので誰もおらずかろうじて撮影できました。
c0102085_217537.jpg
湯処にはバスタオルとタオルが完備されているので手ぶらで行っても大丈夫です。

c0102085_218363.jpg
脱衣所には洗面台の他にドライヤーを完備したメイクコーナー(椅子が置いてあるところ)が2ヵ所ありました。
最近めっきり見かけなくなった学校の保健室にあるような体重計がどこか懐かしい感じ。(笑)
入浴後に冷たい水が飲めるのは何気にありがたかったです。

c0102085_2181227.jpg
仕切りがある洗い場は隣への気遣いが最小限で済むのでやっぱり使いやすいですね。
この洗い場の左隣にはサウナがありました。

c0102085_2185998.jpg
ガラス戸の外にはインフィニティ・エッジの露天風呂。湯船の中には順番に色が変わるライトが光っていました。
翌朝、このお風呂に入浴したら目の前に箱根連山が広がり、まるでプリ・ウランダリのプールのようでした。
って、プリ・ウランダリに泊まったことはないんですけどね。イメージってことで。(笑)

c0102085_2182935.jpg
岩風呂の左側には円形の桧風呂もあります。でも、他人がいたら入りにくい大きさのお風呂ですが・・・。

c0102085_218418.jpg
暗くてさっぱりわからないけど、一応ここからも景色は望めます。岩風呂のほうからの絶景には敵いませんけどね。

c0102085_2185099.jpg
この木彫りの仕切りもバリのものかな?露天風呂をプライベートプールと見立てればこれもありですね。

ここからは離れ湯処『松風』です。翌朝はこちらのお風呂に入る時間がなく、やっぱり夜の写真にありますが・・・。
c0102085_2194197.jpg
こちらも暖簾の色で男女どちらの利用時間になっているかがわかるようになっています。

c0102085_2195259.jpg
他のお風呂と比べると和テイストですが、『松風』の脱衣所が一番広々としていました。

c0102085_220260.jpg
残念ながら内風呂しか撮れず・・・。湯気で見えにくいかもしれませんが、窓の向こうに露天風呂があります。
[PR]
by crystalclooney | 2009-01-22 00:02 | *箱根吟遊

箱根吟遊  = Room =

私は空タイプ(2階)の和室、エレベーターのすぐ右横にある『紫雲』に泊まりました。
空タイプの和室は寝室とダイニングルームが横並び、縦並び(寝室とテラスの間にダイニングルーム)の部屋があります。
あえてリクエストはしなかったけれど、希望していた横並びの部屋でラッキーでした。
c0102085_1423526.jpg
客室名は銅板に記されています。よく見たらライトのシェードに吟遊マークがありますね~。
入り口はドアではなくて引き戸。鍵がかなり下のほうに付いていたので鍵の開閉がしづらかったです・・・。
c0102085_146691.jpg
『紫雲』の間取り、室内が畳とフローリングに分かれていることがわかりやすい1枚を。
寝室は上部分が障子、下部分が襖になった引き戸でダイニングルーム、広縁と完全に仕切ることができます。
寝室の右端に写っている▲クッションがゴロゴロするのに重宝しました。(笑)
夕食中に布団を敷いてくれるのですが、襖を閉めてゲストから見えないようにしてくれるので気遣いは必要なし!

c0102085_1424926.jpg
c0102085_14322.jpg
座布団には1度も座らず・・・。座布団がやけにペチャンコに見えるのは気のせいでしょうか・・・
電話の横にあるのは文箱です。が、中にあったボールペンはずっと使っていなかったのかインクが出ませんでした・・・。

c0102085_1435353.jpg
寝室の一角にはクローゼット(セーフティボックス完備)があり、下の引き出しには作務衣、浴衣、足袋が入っていました。
ライトの下にあるのは姿見。その横にあるのは加湿器です。暖房を入れっぱなしにしていると乾燥するので加湿器があると助かりますよね~。

c0102085_1431618.jpg
寝室の天井からぶら下がったライトは蛍光灯や電球が剥き出しになっていないところがよかったです。

c0102085_1433661.jpg
布団を敷いた後の寝室はこんな感じ。敷布団がペチャンコ、掛け布団がふっかふかじゃないのは残念でした。

c0102085_1442775.jpg
和室からダイニングルームを。壁の絵がバリ絵画や布だったらもっと素敵なのになー。

c0102085_14566.jpg
c0102085_1443939.jpg
ダイニングテーブルは掘り炬燵のようになっています。食事中に正座をしなくていいのは◎。
和室、ダイニングルームのどちらにもテレビがあるところ、DVDプレーヤーがあるところも◎。
でも、せっかく置いてあった箱根吟遊のオーナー(?)がプロデュースしたオリジナルCDが聴けなかったのは残念。
なぜか早送りでは聴けたんですけどねぇ。(笑)

c0102085_1445172.jpg
食事はスイッチ横の襖から運ばれるので食事中は寝室を閉めきっていても大丈夫なんですね~。
こういうふうに寝る場所と食事場所が分かれていたら部屋出しの食事もいいかなぁ。

c0102085_1452113.jpg
ね?この牡丹(?)の絵はなんだかミスマッチな感じがしますでしょう?

c0102085_1453677.jpg
テーブルの上のアタのトレイに3種類のお菓子(左上のは梅干しですが)が用意されていました。(売店で購入可)
この梅干しが美味しかった~。でも、1個190円とけっこういい値段なので購入には至らず・・・。

c0102085_1455643.jpg
ダイニングルームの一角には椅子とテーブルがありました。
室内のすべてのテーブルに灰皿が置いてあるのは喫煙者にとってはありがたいでしょうけど、非喫煙者にとってはどうなんでしょう?禁煙ルームがあるのかしらね。

c0102085_145463.jpg
大きな窓ガラスの先はオープンテラスになっています。このテラスにもバリの草履が置いてありましたよ~。
[PR]
by crystalclooney | 2009-01-22 00:01 | *箱根吟遊

箱根吟遊  = Private Outdoor Bath etc =

c0102085_125780.jpg
ダイニングルームからオープンテラスを。テラスの向こうには庭の緑、そのまた向こうには山の緑が広がっています。
オープンテラスにはこの窓からも、洗面所からシャワーブースを通っても出られます。

c0102085_1224823.jpg
c0102085_1252493.jpg
『紫雲』の露天風呂は円形の桧風呂。2人で入っても余裕の大きさなのでゆっくり入浴できました。
湯船の中に腰掛けられる台(魚の向かい側)があるので半身浴もOKですよ~。

c0102085_1225710.jpg
魚の口からは絶え間なくお湯が流れ出ています。でも、源泉かけ流しではないのが残念。

c0102085_1231010.jpg
オープンテラスには2人掛けのソファもあります。
さすがに冬なのでずっと座っていると寒かったけれど、お風呂に入っては休み、休んではお風呂に入り、ってするにはちょうどいいソファでした。もちろん、全裸で座っていたわけではありませんよ。(笑)
ちなみに、ソファの隣にある木のボックスには小ぶりの冷蔵庫(中のドリンクは有料)が入っています。

c0102085_1232514.jpg
ソファから山のほうを眺めるとこんな感じ。新緑や紅葉の頃はもっと綺麗でしょうね~。雪景色もよさそうです。

c0102085_1262340.jpg
夜の露天風呂。こちらのほうが湯船の中がわかりやすいですね。
ひとつ気になったのは魚の尾ヒレからお湯がポタポタ落ちるようで、藤製のテーブルのその部分が黒くなって(カビ?)腐りかけていたんですよねぇ。このテーブルもそろそろ新調したほうがよろしいかと思われ。

c0102085_126345.jpg
夜になると庭がライトアップされます。1階の月タイプは露天風呂のすぐ目の前にこの庭があるんですよ~。
とはいえ、料金的に私の小遣いでは手が届きませんが・・・。

c0102085_1253544.jpg
空・星タイプはシャワーブースのみで内風呂はありません。でも、露天風呂があったら内風呂は要らないですよね~。
シャワーの隣にあるのは箱根吟遊オリジナルのボディスクラブです。角質のお手入れにいいと書いてあったので遠慮なくたーーーっぷり使わせてもらいました。(笑)

c0102085_1304081.jpg
シャワーブースの隣にはダブルシンクの洗面所があります。
椅子があるのが何気にうれしい。座って歯磨きしたら楽なので。(笑)
洗面所には鏡に映っているタオル掛けの他にタオルウォーマーもありましたよ。

c0102085_1305818.jpg
シンクは銅製のボウル型。使いづらいのが難点ではあるけれど、やっぱりお洒落~。
蛇口は一見しただけでは普通。でも、蛇口を引っ張るとシャワーにもなるんですよ。
とはいえ、ここで洗髪したらシンク周りがびしょ濡れになってしまいそうですが・・・。

c0102085_133270.jpg
充実したアメニティ・グッズ。クレンジング、洗顔フォーム、化粧水、乳液もあるのでこだわりがなければ基礎化粧品を持参しなくてもOKです。
歯ブラシ立てが何気に便利でした。歯ブラシをコップに立てておかなくてもいいので。

c0102085_1331233.jpg
バリらしい小物入れにはコットン、綿棒、ブラシ、髭剃り、シャワーキャップ、ゴシゴシタオルが入っています。
箱根吟遊オリジナル石鹸が乗ったソープディッシュが素敵~。石鹸のお値段は素敵じゃなかったですけど・・・。(笑)
陶器のボトルの中身はハンドソープです。ボディローションと間違えませんように!
と言いますのも、姉がボディローションと間違えてお風呂上がりに肌に塗るところでしたので。(笑)


ここからは部屋に入ってすぐのスペースです。
c0102085_1352051.jpg
キッチンと言えるほどではありませんが、ちょっとした洗い物ができるくらいの小さな流しがありました。
湯沸かしポット、お茶セットはここに用意されています。グラス類は流しの左側にある棚にありました。

c0102085_1353015.jpg
お茶セットの下にある木の扉を開けると冷蔵庫が入っています。(ドリンク、スナック類はすべて有料)
グラスを冷やしてくれているのがうれしいですね。って、部屋でビールは飲みませんでしたけど・・・。

c0102085_135392.jpg
そして、その奥にトイレがあります。フタの手描きの絵が素敵~。
洗面所が離れているからか、トイレ内には小さな手洗いとペーパータオルもありましたよ。
[PR]
by crystalclooney | 2009-01-22 00:00 | *箱根吟遊