カテゴリ:*時悠々 楽游( 5 )

時悠々 楽游  = Public Area Part 1 =

2009年3月、”24時間ステイ夫婦でゆるむ悠々プラン”利用で宿泊しました。
c0102085_7393666.jpg
国道137号線沿いにある宿の看板。
宿へは看板横のマニュアル車だったら半泣きこきそうな坂道を上っていきます。
徒歩でもけっこうしんどくてふくらはぎにくること間違いなし!(笑)

c0102085_7395836.jpg
手前に見えている大きなガラス窓部分は見晴らしのいいロビーラウンジ。紫の旗(?)のところは大浴場です。
駐車場は向こうに見えている客室棟の下にあります。

c0102085_7401047.jpg
玄関、ロビー、売店がある建物の2階は展望風呂付きの部屋『悠々庵』になっています。

c0102085_7402712.jpg
木製の玄関は自動ドア。

c0102085_7404132.jpg
玄関を入ったところにある置物はちょっぴり南国風。

c0102085_741589.jpg
c0102085_7411660.jpg
ロビーに入ってすぐのところにあるラウンジ。まずはここに案内され、お茶をいただきました。
ラウンジには本棚もあり、小説やらエッセーやらたくさんの本が並んでいました。
部屋に借りていって読む本は、30分のあれば読み終えてしまえる『きょうの猫村さん』がオススメです。(笑)

c0102085_743145.jpg
フロントです。

c0102085_743135.jpg
c0102085_7432472.jpg
フロントの横には自由に使えるパソコンがあります。ここは灰皿があるので喫煙OKのようです。

= Public Area Part 2 =
= Public Area Part 3 =
= Room Part 1 =
= Room Part 2 =
[PR]
by crystalclooney | 2009-03-15 00:04 | *時悠々 楽游

時悠々 楽游  = Public Area Part 2 =

このページではロビーの写真をば。
c0102085_7472139.jpg
この写真が一番ロビーの様子がわかる写真かと。
右端にチラリと見えるのはフロントの椅子。そして、奥には自由に使えるパソコン。
廊下の右側にはお食事処、左側には展望大浴場があり、さらに廊下を進むと『悠々庵』へ続く階段と別棟があります。
ロビーには暖炉もあり、その右横にはフリードリンクのコーヒー&紅茶が用意されています。
河口湖を一望できるソファセットや椅子もたくさんあります。
左端にある椅子の上に用意されているのは女性用のお洒落浴衣。好きな色柄の浴衣と帯を選べます。
館内着が旅館名が入ったような浴衣でないのはいいけれど、横着者には入浴時の脱ぎ着が面倒くさいのよねぇ・・・。

c0102085_747545.jpg
c0102085_749344.jpg
c0102085_7492865.jpg
c0102085_7504163.jpg
c0102085_748432.jpg
c0102085_7501961.jpg
いろんな角度からロビーを見るとこんな感じ。
床や天井に木が多用され、ソファや椅子が黒革のシートなので落ち着いた大人っぽい雰囲気のロビーです。

c0102085_7503030.jpg
ロビーの花はちゃんと生花が活けてありました。これはちょっと地味めな花ばかりだったけどね。

c0102085_7505498.jpg
無料のコーヒー&紅茶を飲みながら寛ぐなら河口湖が眺められる窓際のソファがオススメ!

c0102085_7513457.jpg
c0102085_7514617.jpg
c0102085_7515722.jpg
c0102085_7521198.jpg
暖炉の横に用意されているコーヒー、紅茶、そしてクッキーです。クッキーは夕食前のおやつになるから何気にうれしいわ~。
ただ、テーブルに掛けられた緑色の布はちょっとダサいかも・・・。

c0102085_7522697.jpg
夜になったらロビーの花が豪華な花に変わっていました。

c0102085_7523882.jpg
昼間より夕食後のほうがロビーで寛いでいる人が多かったです。食後のコーヒータイムってことかしらね。
[PR]
by crystalclooney | 2009-03-15 00:03 | *時悠々 楽游

時悠々 楽游  = Public Area Part 3 =

c0102085_735069.jpg
c0102085_7351093.jpg
客室『悠々庵』の前の廊下です。柄物じゃないだけいいけれど、赤い絨毯ってところがちょっと・・・、って感じなのよねぇ。

c0102085_7352198.jpg
アジアンちっくなライトと壁に映る影は素敵でしたが。

c0102085_7353448.jpg
オレンジの暖簾が掛かった『湖の音』は女湯。

c0102085_7354518.jpg
そして、濃紺の暖簾が掛かった『風の音』は男湯。

c0102085_7355971.jpg
脱衣所は畳敷きになっています。脱衣かごは浴槽の大きさからしたら十分な数が揃っているかと。

c0102085_736936.jpg
脱衣所にバスタオルが用意されているので部屋から持っていく必要はありません。

c0102085_7361997.jpg
洗い場の数も十分かと。シャワーの飛沫をそれほど気にしなくてすむ仕切りがあるところもよかったです。
って、いつ行っても誰ともかぶらなかったので水を飛ばし放題でしたが。(笑)

c0102085_7363227.jpg
浴場にあったナゾの椅子。全裸でこの椅子に座って窓から河口湖を見なさいってことなのでしょうか・・・。

c0102085_7364314.jpg
露天風呂がないのは残念だけど、大きなお風呂なのでゆっくり入浴できます。

c0102085_7365410.jpg
窓の向こうに河口湖が見えるし、窓を開ければ気持ちいい風が入ってくるし~。

c0102085_7372481.jpg
食事は夕・朝食ともお食事処『招月』でいただきます。(食事内容はこちら
私たちは夫婦でゆったりした時間を過ごすというプランでの宿泊だったからか、6人用の広めの個室に案内されました。

c0102085_7373792.jpg
とはいえ、完全個室ではないので向こうのテーブルが見えていましたけどね。
[PR]
by crystalclooney | 2009-03-15 00:02 | *時悠々 楽游

時悠々 楽游  = Room Part 1 =

c0102085_728384.jpg
本館2階にある『悠々庵』411号室に宿泊しました。

c0102085_7294760.jpg
c0102085_7293711.jpg
室内は畳敷きの居間スペースと・・・ (セーフティボックスは電話の下の観音開き戸の中にあります)

c0102085_7302271.jpg
c0102085_7303677.jpg
居間から一段上がったフローリングのベッドルームに分かれています。
PAANG@カユマニス・ジンバランのベッドルームの壁を思わせるアジアンちっくな引き戸が素敵。

c0102085_7304717.jpg
左の観音開きの戸のほうは洋服掛けで、右の襖には予備の布団が入っています。
ちなみに、引き戸の向こうに見えているのはトイレのドア。

c0102085_7312920.jpg
ベッドルームは布団を2組敷いたらいっぱい、いっぱいで寝るだけって感じ。

c0102085_7315756.jpg
c0102085_7314180.jpg
ベッドルームからも河口湖が見えます。ま、寝たら天井しか見えませんが。(笑)


c0102085_7324818.jpg
居間と広縁の間にある引き戸も障子や襖ではなくて細い枝を組んだものです。

c0102085_7325942.jpg
居間の座椅子は寄りかかると滑って座りにくいのでもっぱら広縁の椅子に座っていました。

c0102085_7331235.jpg
c0102085_7343189.jpg
居間と広縁の間には段差があるのでつまづかないようご注意を。

c0102085_7332350.jpg
椅子には膝掛けが置いてありました。冷える日にはありがたいですね。
[PR]
by crystalclooney | 2009-03-15 00:01 | *時悠々 楽游

時悠々 楽游  = Room Part 2 =

c0102085_7243237.jpg
部屋に入るとすぐ右手にトイレ。その横には冷蔵庫とお茶セットが入った戸棚があります。(左端に写っているのは洗面所のドア)
戸棚の上には湯沸かしポットと冷水が入ったポット。ちなみに、真ん中にあるのは干し梅です。(笑)

c0102085_725352.jpg
バスアメニティには綿棒&コットン、シャワーキャップ、ブラシの他、ヘアゴムとヘアバンドもあり。

c0102085_7251344.jpg
洗面台は陶器のボウル型のシンク。コップがお揃いの陶器だとなおいいのだが・・・。

c0102085_7252343.jpg
右が女性用化粧品(クレンジング、ボディーローション、化粧水、乳液)で左が男性用(シェービングフォームetc)。

c0102085_7253334.jpg
c0102085_7254520.jpg
c0102085_7255464.jpg
客室にあるお風呂は温泉ではないので、私はこのお風呂には1度も入りませんでした。

c0102085_7261582.jpg
洋服掛けの中に入っていたのは、大浴場へ行くときのかご、客室風呂用のバスタオル、寝間着用の浴衣など。
この足袋ックスはダンナが自宅で愛用中。(笑)
[PR]
by crystalclooney | 2009-03-15 00:00 | *時悠々 楽游