カテゴリ:*きらの里( 5 )

きらの里  = Public Area Part 1 =

2009年7月に宿泊しました。
c0102085_18534550.jpg
宿自体を『里山』と言っているだけに自然がいっぱいのお宿です。

c0102085_18535933.jpg
c0102085_1854914.jpg
こちらの帳場でお茶と饅頭をいただきながらチェックイン!
部屋へ案内される前に帳場で館内着の作務衣か浴衣を選びます。私は動きやすい作務衣を選びました。

c0102085_1854233.jpg
帳場にはお土産売り場もあり、チェックイン時にいただく宿のオリジナル饅頭も購入できます。

c0102085_18543545.jpg
食事処へ行く通路から帳場を。

c0102085_18544554.jpg
右側に写っているのは食事処の『海つばき』です。食事処はもうひとつ『山ぼうし』もあります。

c0102085_1855158.jpg
宿の車の『里山号』です。『里山号』のナンバーは1126(いい風呂)でした。(笑)

c0102085_18551780.jpg
敷地内には風情のある水車もあります。この池には大きな亀がいました。

c0102085_18552811.jpg
帳場のある『旅籠 八幡野』の横に足湯があって、足湯の近くに『別邸 山の音』へ行く石の階段があります。

c0102085_18554025.jpg
夜の石階段はこんな感じ。暗いので足もとにお気をつけくださいませ~。

= Public Area Part 2 =
= Public Bath =
= Room =
= Bathroom etc =
[PR]
by crystalclooney | 2009-07-26 00:04 | *きらの里

きらの里  = Public Area Part 2 =

c0102085_1850813.jpg
『別邸 山の音』へは足湯横の石階段の他、左側の坂道を上がっても行かれます。
5棟並ぶ『別邸 山の音』の一番右端の棟に泊まったので、私は階段ではなく坂道を通って行き来していました。

c0102085_18502240.jpg
『別邸 山の音』は4室1棟で、右側の建物の2階左が私が泊まった部屋です。

c0102085_185033100.jpg
c0102085_18504925.jpg
部屋のバルコニーから外の景色を。奥に見えているのは大浴場の『杜の湯』です。

c0102085_18505937.jpg
そして、手前に見えている建物は専用露天風呂付きの『離れ 竹ぶえ』です。

c0102085_18572858.jpg
ついでに夜に撮影したバルコニーからの写真も。

c0102085_18495084.jpg
離れの『風』と『光』はたんぼビューの部屋でした。青々とした稲も綺麗だけど、収穫時期の稲も綺麗そうですね~。

c0102085_18493698.jpg
古民家風の建物は離れの『星』という部屋です。

c0102085_18484080.jpg
2つの食事処と一人部屋の『個居 うみ蛍』、『いやし処 夢路』がある『楽庵』へはこちらから~。

c0102085_18485030.jpg
『楽庵』へ続く通路を進み、左へ曲がると私が食事(夕食、朝食とも)をいただいた『海つばき』があります。
ちなみに、突き当たりの建物はトイレです。

c0102085_1849277.jpg
二部制の夕食は17:30からの時間で予約していたのでまだ外が明るく、窓からの景色を眺めながら食事できました。
それに朝食時には窓のすぐ近くまでかわいいリスがやってくるんですよ~。
[PR]
by crystalclooney | 2009-07-26 00:03 | *きらの里

きらの里  = Public Bath =

c0102085_18383381.jpg
大浴場の『杜の湯』には内湯、寝湯、打たせ湯、壷風呂、檜と岩の露天風呂が2つあります。(写真は撮れず・・・)

c0102085_18384428.jpg
『杜の湯』の入り口です。中の休憩するところには無料サービスのヤクルトがありました。お風呂上がりにいかがです?

c0102085_18385993.jpg
『杜の湯』の隣の林の中には3つの貸切風呂が点在しています。貸切風呂にタオルはないので『杜の湯』で借りてください。

c0102085_18410100.jpg
貸切風呂を利用する場合は案内板の札をひっくり返すことを忘れずに!

c0102085_1839246.jpg
一番手前にある貸切風呂の『壱の湯 石匠』です。

c0102085_1840412.jpg
貸切風呂には湯船と脱衣所があるだけなので『杜の湯』で体を洗ってから利用しましょう。

c0102085_18401525.jpg
c0102085_18402894.jpg
『石匠』というだけに、大きな石をくりぬいた湯船でした。

c0102085_1841382.jpg
c0102085_18414713.jpg
2つ目の貸切風呂は壁が竹でできたいる『弐の湯 竹仙』です。『竹仙』は檜風呂でした。

c0102085_18421347.jpg
c0102085_18424681.jpg
c0102085_18425855.jpg
3つ目の貸切風呂は『参の湯 岩座』です。この貸切風呂の湯船が一番大きかったです。

c0102085_18423023.jpg
ちなみに、右が『弐の湯 竹仙』で、左が『参の湯 岩座』です。

c0102085_18442724.jpg
貸切風呂についていた灯りがいい感じでした。

c0102085_18444111.jpg
帳場の近くにある足湯です。宿泊したのが夏休みに入った週末だったので無料サービスのかき氷をいただきながら足湯に浸かりました。足はポカポカ、口はひんやり~!みたいな。(笑)
[PR]
by crystalclooney | 2009-07-26 00:02 | *きらの里

きらの里  = Room =

c0102085_18294212.jpg
c0102085_18295368.jpg
『別邸 山の音』の209号室に泊まりました。

c0102085_18301154.jpg
部屋に入ると手前に寝室があって奥に居間があります。寝室の窓はロールスクリーンとカーテンが付いていました。

c0102085_18312556.jpg
c0102085_18302921.jpg
c0102085_1830445.jpg
寝室部分はこんな感じです。部屋に着いてすぐに寝られるのでやっぱりベッドの部屋って好き~!

c0102085_18345061.jpg
ベッドランナーの模様をよくよく見たら、布が切りぬいてあってシーツが透けていたのね。

c0102085_1832834.jpg
c0102085_18322287.jpg
居間はこんな感じ。座椅子には座らず、座布団を枕にして寝っ転がってばかりいました。(笑)

c0102085_18323230.jpg
c0102085_18332939.jpg
『別邸 山の音』を選んだ理由はこの部屋にだけマッサージ・チェアがあったから。
肩を揉まれ、さらにふくらはぎをギュ~っと絞められて気持ちよかったわー。

c0102085_18331866.jpg
マッサージ・チェアが置かれた広縁には鏡台もあります。座布団の唐草模様が渋いね~。(笑)

c0102085_18335887.jpg
バルコニーです。隣から丸見えだけど、それはお互い様だから気にしない、気にしない。
[PR]
by crystalclooney | 2009-07-26 00:01 | *きらの里

きらの里  = Bathroom etc =

バスルームは玄関を入ってすぐのところにあります。
c0102085_18262757.jpg
洗面台のシンクはボウル型の陶器製。それはそうと、ずいぶん端っこにありますねぇ。

c0102085_18263681.jpg
その分、反対側にゆとりがあるので物を置くスペースがバッチリありますが。

c0102085_18264659.jpg
バス・アメニティは引き出しの中に入っています。なので余計にシンク周りがスッキリしていました。

c0102085_1827045.jpg
洗面所の奥の引き戸を開けると脱衣所があります。

c0102085_18255642.jpg
バスルームにバスタブはなく、シャワーがあるだけです。
大浴場に3つの貸切風呂と、お風呂がたくさんあるので部屋はシャワーがあれば十分ですが。

c0102085_18271692.jpg
室内(クローゼットの横)には小さな流しがあります。ちなみに、部屋の冷蔵庫には無料のウーロン茶が入っていました。

c0102085_18272698.jpg
クローゼットにはセーフティボックスと半纏が入っています。夏なので半纏は着ませんでしたが・・・。

c0102085_18273641.jpg
引き出しには部屋のシャワールーム用のタオルが入っています。
[PR]
by crystalclooney | 2009-07-26 00:00 | *きらの里